実績紹介

System Case Study

バーコードタグと
ハンディーターミナルを利用した
「クリーニング外交システム」クリーニング業 D社(山形県)

課題

在庫管理のシステム化による手書帳簿の廃止

取次店の他に外交クリーニングを手掛けてきたD社では、
「通い帳」を利用していましたが、誤配や紛失、法人向けの請求書作成業務の省力化が課題となっていました。

システムの対応と導入効果

自社の業務に対応するシステムの開発・導入

30数年前からシステムを導入し、機能強化を重ねてきました。
カシオ製プリンタ一体型ハンディーターミナルを利用して「預り」「納品」「後金入金」業務を行っています。

■ハンディーターミナルを利用

スピィーディーでミスの無い受付・納品業務が可能になりました。

■誤配・紛失

出庫の際に1品1用の伝票が品物に貼付され、外交員は確認しながら納品することで、誤配を防いでいます。また、タグ番号を元に履歴が管理されるため品物が今何処にあるかがすぐに確認できるので紛失の防止にも繋がっています。

■請求書作成

預り時点で「掛」で処理したものは締日毎に請求書が一括で作成され大幅な省力化を実願しました。

POINT

  • カシオ製プリンタ一体型ハンディターミナルは本体だけの充電で済み、視認性、堅牢性、長時間 バッテリ等の特長があります。

その他の実績紹介